笑顔の税理士達

独占業務

日本の多くの企業や場面で活躍することの多い仕事の一つに税理士という職種があります。
税理士という言葉は良く耳にしますが、実際の仕事内容は多岐にわたります。主に日本国内では実際税務署に提出する書類作成や様々な会計の場面で税理士が業務を請け負っていることがほとんどです。
基本的に税理士は会計と税務の両方の専門知識を持つので、納税者の申告納税を手助けする役割を持ちます。
専門でしかできない独占業務に加えて、税理士は会計のプロでもあるため独立会社を起ち上げることが多くあります。
独占業務に付随する堅地で会計帳簿の作成や代行、経営のコンサルティングを行なう場合も少なくありません。

基本的に税理士には、資格を持っていないとこなすことができない、他の人が簡単に行なうことができない独占業務があります。
まず独占業務の1つに税務代行という仕事があります。この仕事は基本的に、納税者が納税する際の申告書等全般を代理する業務です。
特に税務署の決定に申し立てをしたい場合や、税務調査の立会などを一緒に請負います。
この業務自体が独占業務となるので、実際に業務を請け負って税務署などに行く場合は税理士証票を出さなければいけません。

3つ目の独占業務として行なわれているのが税務相談です。この税務相談は企業や個人で納税する際にも非常に重要な役割を担っているといえます。
特に専門知識が無いとよくわからない所得税などでは、所得金額に応じて支払う税金の算出方法なども教えてくれる場合もあります。
また、相続税や贈与税など、税金に関するあらゆる悩みや相談に応じてくれます。
税の専門家に相談することで、的確なアドバイスと解決方法を知ることができます。
その他にも企業によっては、実際に専属の税理士を雇うばあいもあります。専門で税の面倒をみてくれるので、大手の企業ではこの方法で税金に対応しているところが多くみられます。

企業や個人で会社を経営する場合、専門知識がないと税務署へ提出する書類や方法も解らない場合があります。
その時にクライアントに代行して業務を請け負うのが税理士です。
確定申告や相続税、資産税など、税務署などに出すべき書類の作成行ないます。不服申立て書や青色申告承認申請書などでは、納税者に代わって作成、提出する場合もあります。
現在、この申告書全般の書類を税務署などに提出する際には、その税理士の署名押印が必要不可欠となっています。

税理士に独占業務があるのには大きな理由があります。それは、税金に関する仕事には多くの専門知識が必要になるという点です。
税金は国民や会社が支払う義務として徴収されるものなので、必ず支払う必要があるものです。
しかし、税金には様々な課税方法や免除に基準があるため、素人ではどのように税金の金額が確定しているのか全く把握できなくなってしまうのです。
そのため、税金に関する手続きを代行するためには、納税者の権利を守るためにも、税理士のように税金に関する専門的な知識を持っていることが必須だとされているのです。

ビジネスフィールド

税理士といっても、行なう業務は会計から経営コンサルティングまで様々です。実際に税理事務所を立ち上げて幅広い業務をこなす税理士もいます。実際のビジネスフィールドがどのくらい広がっているか、いくつかの業務と共に紹介します。

Read more

税理士の年収

実際に資格を取得しようとしている人は知っておきたいのが税理士の年収ですが、平均年収としては約2700万円と非常に高収入の職種といえます。しかし税理士の年数や実務経験にも大きく影響してくるので人によって年収は様々です。

Read more

若い人が不足している

現在税理士では若い人が不足しており、全体の3割程が70代の税理士で占めています。少子高齢化社会の影響が職種にまで影響してきているといえます。また、一生続けることができる仕事であることも高齢化に繋がっているといえます。

Read more