若い人が不足している

難関資格は安定した年収を得ることが出来るため、継続して仕事を行いやすいものです。
その中でも税理士は特に高齢になっても仕事を続けている人が多い資格なので、税理士業界全体で高齢化が進んでいます。
税理士は安定した収入を得ることが出来るだけでなく、仕事の内容も税務書類の作成や会社の経営状況を確認しアドバイスを送るなど、事務所にいたまま行なうことが出来る業務がほとんどなので、身体的な負担も小さいのです。
そのため、体の調子が悪くならない限り、いつまでも続けることが出来ます。
長く続けることが出来るということは多くの経験を積むことが出来るという点に繋がるのですが、若い人が新規参入しにくい状況も作ってしまっています。
そこで、最近の税理士事務所はベテラン税理士の舌で若い資格取得者が集い、業務のイロハを教えてもらうという体制に移行してきています。

以前は個人経営の多かった税理士事務所でしたが、最近は税理士法人として、多くの資格取得者が勤める事務所が増えてきています。
こういった税理士事務所の場合、トップにベテランの方が座り、業務の仕方を若い人たちに享受するという体制をとっている場合がほとんどです。
そのため、若い人たちでも非常にレベルの高い仕事を期待することが出来ます。
最近は若い人が不足していると言われている税理士業界ですが、こういった事務所がこれから増えていけば、今の状況も打開することができると期待が集まっているのです。